サウンドオブミュージック

劇団四季の道内初演目となるミュージカル「サウンドオブミュージック」札幌公演が、7月7日、北海道四季劇場で

初日を迎えました。

舞台写真の撮影を、佐藤アキラが担当しています。

第二次世界大戦直前のオーストリアを舞台に、家族が愛と音楽で結ばれていく、実話に基づく物語。

一家の子供7人のうち長女を除く6人の子役を、道内在住の20人が交代で務めるところも魅力の一つです。

初日公演は、この日を心待ちにされていたお客様で満席となりました。

「ドレミの歌」や「エーデルワイス」など誰もが知っている名曲によって綴られる物語。

幕が降りると割れんばかりの拍手が鳴りやまず、カーテンコールは何度も続きました。

舞台に全身全霊を捧げる俳優達、惜しげない喝采で一緒に舞台を作り上げていく客席。

劇場でしか味わうことのできない高揚感、そしてこみあげてくる感動は、私たちに生きる喜びを与えてくれます。

10月28日までの限定公演、是非、劇場に足をお運び下さい。

前の記事へ 一覧 次の記事へ